食養生レシピ:梅雨冷えから体を守る根菜煮

食養生
スポンサーリンク

随分と激しい雨が続いて、一時は夏日の気温だったのに、肌寒さを感じるまでに季節戻りした。

猫たちも暑さ故に、タオルケットなどの敷物の寝床から、箪笥の上や段ボール箱の上などに移動していたので、寒くはないかと気遣っていると、もうさっさと前の寝床に戻っている。

どの猫もお気に入りの場所で、しばらくは過ごすが、なぜだか突然に場所を変えてしまう。部屋の西隅の机にずっと居たのに、ある日、北側の椅子に居着いたバンビ。東側のテーブルの上から、南側のタンスの上に移動したモモ、というように。

たくさん居ると、仲の良くない猫同士の喧嘩もしょっちゅうで、相手の居場所(テリトリー)に侵入しての仲裁も大変で、猫たちが平和な時間を過ごしている間が、飼い主はいちばん心休まる。

体を冷えから守る、春の根菜煮

材料:春ごぼう、人参、新生姜、じゃがいも、いんげん、糸こんにゃく、ごぼう天(材料は好みで適量に)
調味料:昆布だし、塩少々、醤油適量

作り方
1.ごぼう、人参、新生姜は洗ったあと、皮のまま、薄切りに。じゃがいもも皮付きのまま、一口大に切る。
2.鍋に昆布だしを入れ(材料がひたひたに浸かる分量)、ごぼう、人参、新生姜を入れて、蓋をして弱火で煮る。やや柔らかくなればじゃがいもと、油抜きしたごぼう天を入れる。
3.全体に煮えてきたら、塩少々と醤油で味付け、さっと湯がいた糸こんにゃくといんげんを入れて、10分ほど弱火のまま煮る。煮えたら、火を消して、10分ほど放置。この間に味が材料に染み込む。

今回のポイント:水から野菜を煮るので、野菜ダシになり、調味料はシンプルでいい。みりんや酒も必要ない。じゃがいもは煮崩れするので、時間差を見て入れる。

舞茸と新生姜の炒めもの

材料:舞茸、新生姜適量
調味料:醤油少々(塩でもかまわない)、ごま油

作り方:舞茸を適当にちぎり、新生姜は千切りで、ごま油少々で炒める。最後に醤油でジュッと香りを出す。

今回のポイント:舞茸は免疫強化、生姜はこれこそ薬膳、漢方薬にも使われる体温を上げてくれる強い味方。新生姜でも効果は変わらない。今の時期は新生姜が美味しいです。

炒め物のおすすめは鉄のフライパン。調理するだけで鉄分が摂れるので、貧血解消です。また、フッ素加工のフライパンは危険なので、辞めましょう

コメント

  1. 三上俊明 より:

    はじめまして。今年43歳になる初老の男子です。私も猫と一緒に生活をしており、いつも勉強をさせていただきながらブログを拝見しております。そしてとても有益な情報に感謝してます。私は薬と医療、政府の方針など日本の在り方に不信感を持っており、自己防衛が第一と考えて生きております。きっかけは小児喘息、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、アトピー性皮膚炎等患ってきたからです。昨年から天日塩を有効に使い、塩浴、卵醤、塩番茶など天日塩を中心に生活を改めてます。もちろん、1日1食のプチ断食も実践して仕事も12時間以上勤務しても元気で疲れ知らずになってきました。1番感謝したいのは、こちらのブログで塩の記事を拝見できたことです。ホンモノの塩があれば健康を手にできると感じ、天日塩を購入して塩漬けの生活を実践してから私をしっかり健康にしてくれました。それからは色々な健康に関するブログ等拝見し、冬にはひどくなる蓄膿の症状もほとんど無くなり、風邪は一切ひかなくなりました。もちろんインフルエンザなど罹患せず、コロナなんて怖くもなんともありません。日本人が日本人らしい生き方を忘れているからコロナに怯える生活になってしまっただけだと感じています。最後なりますが、このブログがきっかけでたどり着いたブログがありまして『強健ブログ』といいます。マロンさんという方が運営してるものです。見たことあるかもしれませんが、ぜひご覧になっていただきたいです。長々と駄文を重ねて申し訳ありません。今では猫の健康も日々考えて休まる事はありませんが、自身の健康を手に入れた今は何も苦ではありません。最近はこちらのブログを更新されておりませんが、お体は大丈夫でしようか?少し気になりましたのでコメントさせていただきました。読んでいただきありがとうございます。

    • ねこ天使 より:

      三上さん、コメントありがとうございます。
      自然塩のありがたさを伝えることが出来て嬉しく思います。
      マロンさんのブログは私も参考にさせてもらっていますよ。
      昨年の家族の入院、今は長患いしている猫の看病とバタバタしていて、
      学び始めていた植物療法を実践している最中です。
      落ち着いたら、結果をブログで報告したいと思います。
      ご心配をありがとうございました。