UA-78715708-1 猫の膀胱炎には漢方薬の「腎仙散」が効く!もちろん人間にも! | 猫と私の自然療法養生記

猫の膀胱炎には漢方薬の腎仙散が効く!もちろん人間にも

スポンサーリンク
猫の病気

キジ猫のバンビが、頻繁にトイレに行くので、中のトイレシーツを見ると、血尿が出ている。膀胱炎のようだ。

顔を見ると、ケロッとごく普通の表情なので、患ってから、あまり時間は経っていないようで、まずは膀胱炎の薬を飲ますことにした。

抗生剤より、自然薬の漢方で治す

猫は尿道が短いので、膀胱炎に掛かりやすい。これまでも何匹か患ってきて、最初のうちは、獣医に通って、抗生剤を飲ませていたが、抗生剤の怖さを知り、自分の漢方薬を飲ませるようにしている。

食養生する前の私は低体温で、よく膀胱炎に掛かり、薬局で買える漢方薬「ボーコレン」を常備していた。よく効くし、副作用も無いので、老猫が患った時に飲ませてみた。

すると、同じようにすぐに効いて、症状が和らいでいった。

ボーコレンは錠剤だったので、左手で猫の頭を押さえて、右手で猫の口をこじ開けて、小さく割ったものを、喉近くに放り込む。それから、吐き出さないように、暫く口を押さえておくと、ごくんと飲み込んでくれる。

【第2類医薬品】小林製薬 ボーコレン(48錠)
自然派化粧品 コスメ2000
¥ 1,728(2019/09/16 19:50時点)

 

その後に同じく漢方薬の、「腎仙散」に変更した。炎症を抑える成分のうち、ボーコレンには入っていない効果的な成分が入っていると、薬剤師に勧められたので。

「腎仙散」はねっとりとした粉末で、それほど苦くはないが、薬草の匂いがあり、飲みにくい。しかし私自身、痛みがあったり、ムズムズしたり、膀胱炎の気が出るとすぐに1包飲むと、30分ほどで効き、大概は治ってしまう。

粉末薬を猫に飲ませるには?

以前にも、黒猫のさくら(3歳)が、おしっこが出なくて、一晩中トイレから離れられないほど、やや重い膀胱炎に掛かり、「腎仙散」を飲まそうとしたが、食欲もなく、ご飯に混ぜることもできない。

口を開けて、上顎にくっつけてみたけど、嫌がって、つばを吐いて出そうとする。

何とか上手く飲ませられないか・・・そうだ、丸めて錠剤にすればいい!

で、水の滴を垂らして、小さく、仁丹くらいに丸めた。これを5~6粒ほど、喉の奥に放り込むと、上手く飲んでくれた。

人間の大人で1日3回とあるので、体重は約十分の1とすると、1包の4分の1程度を、何度かに分けて飲ませる。一度に飲ませようと、時間を掛けると、途中で逃げるので、焦らず、ゆっくりと。

目に一杯涙を溜めて、辛そうにしていたさくらは、1包の三分の一ほど、飲ませた頃に、症状が治まり、ようやくおしっこが出るようになった。やれやれ・・膀胱炎は本当に辛いので、我慢強い猫には、気の毒な病気だ。

バンビにも、早速飲ませることにしたが、さくらよりも嫌がり方が激しく、こじ開けた口を慌てて閉められたので、指を噛まれてしまった。

この子はへその緒が付いたまま、捨てられていて、私がミルクで育てたので、とても小柄で華奢だ。それで「バンビ」と名付けた。

言葉で説得すれば、猫にも通じる!

さくらは大柄でしっかりとした体つきなので、少々手荒にしても平気だが、この子には気を使ってしまう・・が、そんなことを言っていたら、悪化してしまう。ここは、心を鬼にして飲ませなくてはいけない。

頭を押さえて、口をこじ開け、喉奥に入れたり、上顎に付けたり、嫌がって暴れだすと「飲まないと駄目!治らないよ!」と怒ると、わかるのか、大人しくなってきた。最後は吐き出さないように、口を押さえて、ごっくんさせる。

途中に、血の巡りを良くする重曹水もシリンジで飲ませる。これを何回か繰り返したら、効いてきて、頻繁なトイレ行きが治まってきた。

水はよく飲むので、コップを何箇所かに置いてやった。

ただ、バンビは8歳のせいか、1日では完治せず、翌日も血尿が続いた。で、薬は続けて飲まし、1包の半分程飲んだくらいで、完治した。

ちなみに、私自身は食養生で、体温が上がってからは、長く膀胱炎にはなっていない。

長年の冷え性と低体温を天然塩で克服!食養生その1
前回の記事で、食養生の手始めとして調味料から変えていったと書いた。↓ 食品添加物が及ぼすという、様々な疾患を学んでゆき始めた頃、10月に入って、この年は急...

コメント