猫のゴロゴロ音が人間の自然治癒力を高めてくれる

スピリチュアル
スポンサーリンク

今年の夏は長かった。真夏日が一昨日まで続いた。9月も半ば過ぎたというのに・・

猫たちも茹だっていた。床の上やゴザカーペットの上で、ノビノビになっている。特に年上の子には堪えているようで、11歳の黒猫ユメは、私のそばに来ても、ちょっと間を置いて転がっていた。

スポンサーリンク

膝に乗ると、ゴロゴロ音

甘えたさんなので、しょっちゅう、にゃあにゃあ喋りかけて来るし、抱いて欲しいようだが、抱くとサッサッと逃げる。思ったより暑苦しかったのだね、私の体温が。寝床で一緒に寝ようとしても、同じ態度を取るのでちょっと寂しかった。

やっと涼しくなって、ユメは膝に乗るようになった、ゴロゴロ喉を鳴らしながら・・猫のゴロゴロは嬉しい時の表現だというが、どうやってこの音を出してるのだろう、不思議な生き物だ。

実は、ゴロゴロは嬉しい時だけではないらしい。例えば、怖いはずの病院の診察台へ上がったときにも、ゴロゴロする猫が多いそうで、専門家が研究したら、ゴロゴロは猫自身の緊張を緩めるためにしているという。

人間の深呼吸と同じようなものかな。

膝の中のユメの喉を撫でてやると、ゴロゴロ音がぐっと大きくなって、気持ちよさそうなに目を細めて、こちらを眺めてくれる。

スポンサーリンク

猫のゴロゴロ音には人間を治す自然治癒力が!

実は、この猫のゴロゴロ音が、ストレスや不眠、不安感を癒してくれる自然治癒力と、フランスで研究結果があるのだ。

猫は骨折をしても、他の動物と比べて3倍の速さで回復すると言われており、その原因にこのゴロゴロ音による振動が挙げられているのだとか。実際、フランスの理学療法士がそれを再現して人間の骨治療に用いているという話もあります。

確かに、猫には骨の病気は少ない。

振動が骨治療になるということは、今話題の波動療法

●フランスではゴロゴロセラピーも!
なんとフランスでは、猫のゴロゴロ音に関する本も出版されいたり、「ゴロゴロセラピー」という自然治癒法を提案している獣医師がいたりするほど。猫のゴロゴロ音は、ストレスをなだめる強い効果があり、免疫力を上げ、副作用のない薬とまで言われています。

●ゴロゴロ音は脳をハッピーにさせてくれる!
体の機能がストレスに耐えきれない状況と戦っている時、猫の出す振動音は、音楽のように心地よく有益に働いてくれるのです。もともと猫のゴロゴロ音は、お母さん猫が仔猫に対して、なだめて打ち解けるためにいちばん最初に送るシグナル。

また、このゴロゴロ音は20〜50ヘルツの低周波音であり、ポジティブな思考や幸福感を私たちの脳に伝えてくれる効果があるそう。

ゴロゴロ音を聞くと自然治癒力がアップ

 

猫は姿形、仕草が可愛いから、癒やしの動物と言われているだけではなく、こんな秘密があったのか・・

犬は人間の仕事を手伝うので、役に立つが、猫は何にもしない。でも愛されるのは、猫が自由で気ままなので、人間の本能がそれを理想とし、猫を羨ましがって尊敬しているから。

などと、人は勝手に決めているが、ゴロゴロ音で人を癒やしているのなら、立派なヒーリング医師だ。

スポンサーリンク

エジプト文明が発展したのも猫のおかげ?

いとしい猫がそばに居てくれると、カウンセリングやセラピーなど必要ないのだ。

私自身、これまでどんなにピンチに陥って、ストレス満杯になった時も、そういう場所に行こうとしなかったのは、猫が居てくれたからかも・・と記憶を手繰り寄せると、納得がいく。困った時はいつも猫が寄り添ってくれた。

何も言わないのに、心を読んで、接し方を考えてくれていた。猫は霊的な存在とは思っていたけど、ゴロゴロ音という魔法をも、ちゃんと使っていたのだ。

高度なエジプト文明では、猫は神秘な生き物として大切にされ、亡くなった後は、高貴な位の人間同様に手厚く葬られ、蘇ると考えられて、ミイラにもされている。

もしかして、エジプト文明があれほど栄えたのは、猫たちの力も大きく貢献したのかも知れない。

スピリチュアル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
猫と私の自然療法養生記

コメント