UA-78715708-1 手作り猫ご飯「イワシのミンチ」スーパーフードの煮干し | 猫と私の自然療法養生記

手作り猫ご飯「イワシのミンチ」スーパーフードの煮干し

スポンサーリンク
手作りご飯

今夜の手作り猫ご飯

献立は「イワシのミンチ、サラダほうれん草入り」

 

生のイワシを丸ごと、フードプロセッサーにかけて、ミンチ状にし、サラダほうれん草のみじん切りを合わせたもの。

これなら、頭も骨も全部食べられる!

イワシは小さめの物を買い、野菜は他に何でも、人参をすったものやキャベツを刻んだり、家にあるものを入れている。

イワシの下準備は、まずは水でよく洗ってから、粗塩を入れた水に10分ほど浸けておく。この塩が海の汚染物質などの毒消しをしてくれる。

鶏肉の場合もこの一手間を必ずしている。

魚や野菜は、大きなものよりも小さめの方がギュッと栄養が詰まってるということで、魚もマグロなどよりも、切り身でない全身のものをできるだけ選ぶ。

手作りしても食べてくれないことも多々ありますが、これは殆どの子が食べました(^o^)

これに、血液の循環が良くなる重曹をひとつまみふりかけてます。

ついでに、我が家の食養生晩ごはんは・・

生姜ごはん=千切り生姜、ちりめんじゃこ、天然塩を五穀米に混ぜて炊く。
豆もやしのサラダ=豆もやし、菜の花を茹でて、生きくらげを散らす。レモン、醤油、マヨネーズのドレッシング。
生豆腐揚=油抜きしてから、グリルでさっと炙って、カツオと醤油で。

同居している91歳のおばあちゃんは完食でした^^;

病み上がり猫ちゃんご飯

病気回復中の3歳のメス猫、ココは療養食のab缶を与えていたが、大好物の煮干しを食べようとするが、、弱った体には固くて食べにくそうで、なのでお湯で煮たら、よく食べてくれた\(^o^)/

1週間も食べれなかったので、ガリガリ・・ab缶を白湯で溶いて、最初はシリンジで無理やり口に入れましたが、そのうち自分で舐めるように。

そして、カツオのたたきなども少し食べだしたので、今日の分残しておいたら、油断した隙に他の猫に食べられてしまった!

まっ、煮干しとちりめんじゃこ、たくさん食べたのでいいかぁ・・やはり好物は美味しいんやねぇ~

ちなみに、煮干しはスーパーフード!

何故なら、頭から丸ごと食べられるから!

モンゴルの遊牧民は「羊」しか食べないのに、栄養が偏らない。これは羊を丸ごと食べるからで、生き物の体を司る生命体を全部頂くことで、バランスが取れるということ。

ライオンや虎なども野菜を食べなくても、草食動物を丸ごと食することで、野菜の栄養素も吸収している・・地球上の生命体というものは、実に上手く生まれていて、自然と調和してバランスが取れているわけだ。

バランスが悪いのは現代の人間、そして一緒に暮らす動物たち。

だから、煮干しやちりめんじゃこを積極的に摂るのは、人も猫もオススメ。私は煮干しは苦手なので、出汁に取るだけ、で、ちりめんじゃこをよく食べている。

ガリガリにやせ細りましたが、回復中!ココ

ただ・・ココは煮干し大好きだが、頭だけ器用に残すので、全頭一物にはならない。

コメント