UA-78715708-1 安全安心な手作り洗剤で、健康被害を防ぐ | 猫と私の自然療法養生記

安全安心な手作り洗剤で、健康被害を防ぐ

スポンサーリンク
化学合成剤は動物にも危険!
甘えん坊のガオちゃん、チューにも興味なし

戦後最大級の台風が来ると、異様なほど執拗に報道されるので、何か変だと思いながらも、猫ご飯を買い置きするために市場に出向いた。

危険な洗剤を辞めて、手作り洗剤に

今年は夏が長引いたせいか、先週からゴキブリが大発生し、縁側に住む猫たち用の飲み水の中にまで、一杯浮かんでるので、ホウ酸ダンゴと粘着シートをダイソーで買う。

小さな庭と縁側のある古民家に、10年ほど住んでいる。縁側と台所には、猫のご飯を置いているので、ゴキブリがどうしても発生するが、大量に出だしたのは、去年辺りから。

去年今年と暑いせいもあったが、殺虫剤や洗剤などの化学剤を、一切使わなくなったせいだろう。

ゴキブリは台所洗剤を掛けたら死ぬ。以前は「混ぜるな危険」と注意書きした洗剤やハイターを、風呂やトイレなどに躊躇なく使っていた。猫蚤、蚊、蟻などの殺虫剤もバラ撒いていた。無知ということは恐ろしいことだ。

虫を殺すという薬は、人間にも猫にもいいわけがない

自然療法を始めてからは、台所洗剤も洗濯洗剤も辞めて、重曹や塩で洗っていたが、炭酸ソーダを買ってからは、これだけで事足りている。

 

皿洗いには、350mlのスプレー容器に水を入れて、小さじ1杯程度を入れるだけ。風呂洗いも掃除も同じ。
トイレには、やや濃くして小さじ1杯半。

これらに好みで、天然ハッカ油を何滴か垂らすと、香りが立ち、爽やかになる。ハッカ油はゴキブリが嫌うので、一石二鳥だ。

 

健栄製薬 ハッカ油P 20mL
くすりの三井
¥ 725(2019/10/12 16:07時点)

 

皿洗いは、殆ど水洗いだけで済ませるが、油汚れや茶渋には、この手作り洗剤をシュッと吹きかけて、ナイロンたわしでこする。ヌルヌルの油もきれいに落ちる。

頑固な茶渋には、水に炭酸ソーダを適量入れて、しばらく浸けておく。鍋の焦げ付きには、同じく水に炭酸ソーダを入れて、そのまま火にかけて、沸騰したら止めて、しばらく置いた後、こすればきれいに取れる。危険なキッチンハイターは不要だ。

他に拭き掃除を始め、ゴミ箱や猫のトイレ、道具などを洗うときも、これだけで十分きれいになる。空気も、下水も汚れず安全だ。危険な薬品を使うことは、健康被害だけでなく、下水に流せば、地球も汚れる。そして回り回って、地球全体の生態系を破壊してしまう。

地球温暖化は詐欺だそうだが、(全体では温暖化していないデータがある)危険な化学薬品を垂れ流し続けると、地球は病気になってしまう。もう深刻な状況らしいが・・しかし、一人一人が自覚すれば、きっと激変するはずだ。

ゴキブリよりも危険な殺虫剤

他に、ゴキブリが嫌うアロマオイルは、

ミント・ローズマリー・ゼラニウム・ユーカリ・ラベンダー・ベチバー・クローブ・シナモン

ゴキブリは、病原菌を運ぶと恐れられているが、うちは去年も今年も大量発生したが、家族にも猫たちにも、健康被害はまるで無かったので、大した菌は無いと確信している。

第一、食堂やレストランの厨房には必ず生息している。友人がバイトしていた中華料理店は、うじゃうじゃ居て、客席にまで出てくることがあった。が、食中毒を出すことは一切無い。ゴキブリが全く居ないという店は、逆に怖いような気がする。

というものの、猫の飲水まで入り込むのは困るので、少しは退治させてもらうことにした。粘着シートを仕掛けたら、大量に入っていて、ゾッとしたが、2回めを仕掛けると、数がグッと減り、シートから離れた場所でウロウロしている。

さすがに、恐竜時代から生き残っているだけある。学習能力が高い!が、ホウ酸ダンゴは食べているようで、少しずつ減ってくれるだろう。

現代では、ゴキブリは人間の生活圏でないと、生き伸びれないらしい。なら、少しくらいは共生共存していくしかない。大した危害も無いのに、忌み嫌って、化学薬品を使うと、逆に健康被害に遭う。

それにしても、以前に居た猫たちは、よくゴキブリを獲ってくれていたが、今のメンバーは知らん顔である。以前は保護した子ばかりで、今はうちで生まれた子が半分なので、野性味がないのだろうか・・

コメント